寝るときの服装も参考になった!衣育講座ご感想

14671353_1592779521027939_6123989222900198225_n

先日、グランフロント大阪の子育て応援サークル〇育ソシオで、衣育講座を開催しました。

参加されたお母さんから、ご感想をお寄せいただきましたので、紹介します。

・寝るときの服装も参考になりました。

・着替えるのは毎日のことだけど、ぜんぜん大切にしていなかった。これからは、今日のお話を参考にします。

・はじめての子育てで、”服”のことがわかりませんでした。すごく勉強になりました。

・着せすぎは良くないということを、寒くなるこの時期に気づかせてもらってよかった。

・年齢にあった着せ方、季節にあった選び方がわかってよかった。

ネットで調べても様々な意見がある中、今日のお話は楽しくてわかりやすかった。

・毎シーズン、悩みながら服を着せていたので参考になりました。

・子供は大人と違って暑がりだとわかって勉強になった。

 

みなさん、熱心に聞いてくださって、ありがとうございました。

子供服のことは、小児科や助産師さんに相談するほどでもないけれど、正しい情報をしっておきたいのではないでしょうか。

人間の暮らしにとって重要な衣食住の1番はじめの衣服のこと、私たち母親世代は十分に学ぶ機会がありませんでした。

知らないのも当然です。

雑誌やインターネットの情報は、広告主の意向を反映したものが多く、信頼できるとは限りません。

そんな中、子育てのプロである保育士さんや、赤ちゃんとママの専門家である助産師さんへの取材に基づいて構成された衣育講座は、とても有用だったのだと思います。

子供服の着せ方や選び方が学べる衣育講座を受講したい方は、11月10日(火)甲子園にいらしてくださいね。

質問の時間もありますよ。

衣育講座詳細>>>こちら

14550848_1145005232242712_1826641861_o

 

広告

衣育講座AsMamaアズママ兵庫甲子園

14550848_1145005232242712_1826641861_o

 

もう、登録していますか?子育てシェア”AsMama”アズママ。

AsMamaは、昔ながらのご近所頼り合いの現代版!

友だちや知り合いと送迎・託児を親も子どもも安心して頼りあうインターネットの仕組みです。

私も、ひとりのママとして、そして、地域の一員としてAsMamaに登録しています。

このたび、そのAsMamaさんと京阪電鉄不動産さんのコラボ企画に、衣育講師としてお招きいただくこととなりました。

おけいはんで育った大友は。京阪電鉄不動産と聞いただけで、勝手に親近感を覚えてしまいます。

京阪電鉄不動産が手掛けるまちづくりは、子育てママが主役。

甲子園エリアで、AsMamaさんと強力なタッグを組み、ハード面だけでなく、ソフト面で子育てのソリューションも兼ね備えたまちづくりを展開されます。

その一助として衣育講座が開催される運びとなりました。

スクリーンショット (614).png

託児付き!衣育講座&オリエンテーション

~自分で選べる、着替えられる、管理できる子に~

↓詳細・お申し込みはこちら↓

https://kosodate-share.asmama.jp/events/3653

【開催済み】グランフロント大阪で衣育講座を開催(無料)

2015-06-29-15-10-54_deco上記の通り、グランフロント大阪で衣育講座を開催することになりました。

定員がございますので、下記フォームより事前にお申込みをお願いします。

■申込: http://goo.gl/forms/GIFs5HyxqH

■日時:2015年7月30日(木)10:30-11:30

■場所:JR大阪駅直結グランフロント大阪北館5階タカラ前

■対象:子育て中のママ、幼保関係者、

■内容:0歳からはじめる衣育のススメ

1)子ども服に潜む危険を知って、正しく選び、正しく着せる

2)お着替えでつながる親子のきずな(ママ向け紙芝居)

3)何枚着せたらいいの?厚着薄着の判断

グランフロント大阪館内で配布されているパンフレット※にも掲載しています。

※マンスリーソシオ

2015-06-29-15-12-18_deco

ご参加お待ちしております。

Vol.12【子ども服に潜む危険】ママにできること

衣育研究会の独自調査(※)でわかった『子ども服に潜むリスク』。

なんと、5人に1人(71人中17人・24%)のママが、

衣服が原因と考えられるアクシデントを経験していると回答しています。

前回のコラムでその原因を3つご紹介しました。

今日は、そのようなリスクを最小限にとどめるために、

ご家庭でどのような対策がとれるのか、具体的に説明しますね。

続きを読む

Vol.11【子ども服に潜む危険】独自調査より

 

kae_illust今号のコラムは衣育研究会の独自調査(※)でわかった

『子ども服に潜むリスク』がテーマ。

なんと、5人に1人(71人中17人・24%)のママが、

衣服が原因と考えられるアクシデントを経験していると回答。

※2015/2/1-2015/3/31 小学生以下の子を持つ保護者へのアンケート調査

 

その内訳をくわしく見ていきましょう。

続きを読む